使用するつもりのなかったカードローンで

私は独身の頃に会社で事務の仕事をしていました。

事務の仕事をしていると銀行の営業の方とお話をする機会もよくあるのですが、銀行の方と接していると銀行で取り扱われているサービスを勧められる事もよくありました。

その中でも頻繁に勧められたものはカードローンでした。

最初のうちはローンと言う名前のものをする事に抵抗があった為断り続けていたのですが、断りづらくなってきた事もあり、カードローンに加入する事になりました。

私が加入したカードローンは上限で30万円まで借り入れをする事が出来るものだったと記憶しています。

もしカードローンを利用した場合でも月々の返済は1万円と言う事が分かっていました。

使用するつもりがなくカードローンに加入したのですが、ある時急にお金が必要になった時に思い切ってカードローンを利用してみる事にしました。

自分の口座からお金を引き出す感覚でお金を借りる事が出来る為、あまり借り入れをしていると言う感覚がなかった記憶があります。

上限があるとは言え、カードローンの利用が頻繁になってしまうと少し怖いなと思いました。

その後も利用する事があったのですが、便利な反面、借り入れしていると言う事を忘れてはいけないと思いました。

このページの先頭へ